土の窓_172013年10月29日

土の窓_17


それは 過ぎゆくものの仕業じゃない

ひとの仕業だ

彼らは 無情で

とどまるものを 守る振りして

別の深みに 閉じ込めた

そこにあるのは 息苦しさだけ



 * * * * * * * *


土の窓 それは 私の妄想舞台です
遠い昔 たえず過ぎゆく我々の時間から
切り離された あるいは
閉じ籠もった ひと塊(クレ)の時間があって
それは 今も土の窓の向こうに ひっそりと居る
それとの唯一の接点が 土の窓で
そこを舞台に 繰り広げられる 
過ぎゆく時間と とどまる時間の 静かで長い攻防戦
それを 私は 妄想してます

[ お知らせ ]  過去の「土の窓」は、右側のカテゴリー欄よりご覧ください。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://dosyakuzure.asablo.jp/blog/2013/10/29/7026333/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。