ヤマガラ_182012年07月15日

ヤマガラ_19

「 ニート 」


ヤマガラの餌付けを始めた当初 これがもとで 彼らがエサ場に入り浸り

やがて 身を持ち崩すのではないか などとつまらぬ心配をしておりましたが

彼らは 私が想像してたより遙かに 賢明で したたかでした

彼らのフィールドは あくまでも山にあることを 彼ら自身がよく知っていて

ここは 単なる通過点 一日に2,3回訪れる エサ場の一つにすぎないのです

でも 何処の世界にでも 例外はいるもので… いました たった一羽だけ


最初のシーズンは 気がつきませんでしたが 2シーズン目からずっと

だから ここに来て 確実に確認できてる中では 例の彼女に次ぐ長さです

彼は とにかく シーズン中 そして 一日中 ここに張り付いてる

朝 気がつくと居て 夕方 薄暗くなっても 居る

いつも単独で 私からも 確実に 一定の距離をとって

たとえば 彼と一対一になっても 知らぬ振り もちろん 手には絶対来ない

確かに 他のヤマガラ達も 私をうまく利用してるなあ と思うのですが

こいつのやり方は 陰気で 露骨で 相手を苛々させる 

楽しい楽しいヤマガラ達との一日も こいつのお陰で気分半減です

そんな姿をみてると 私も つい毒づいてしまう 「働きにいけ この野郎」

それで ついた名前が ニート 私が 唯一 名前をつけたヤマガラです


あるとき 私が外にいると 彼一羽だけ 仕事場の中に入っていきました

とっさに これはチャンスと思い 閉じこめてやりました

それから 2時間ほど 仕事しながら ネチリネチリと追い回してやりました

彼も さすがに焦ったようで 終いには 半口開けてゼエゼエいってる感じ

どうだ これで懲りたろう と開放してやりましたが

その後も 相変わらず 居りました

あいつ…筋金入りです

それ以降 私もちょっと大人になって あれも個性 と思うことにしました

ただ 昨シーズンは 他のヤマガラ同様 彼も 一度も 見かけませんでした

さて 来シーズンは 来てくれるんでしょうか…



(参考)彼女
http://dosyakuzure.asablo.jp/blog/2012/04/12/6408940

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://dosyakuzure.asablo.jp/blog/2012/07/15/6511545/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。