皿立て2012年05月24日

皿立て


この大きくて深い抽斗2杯に

実にたくさんの洋皿が 積み重ねて入れられておりました

こんなとき 抽斗という家具の最たる機能は

実は冷たいものだ と思い知らされます

実際に使えるお皿は 上からわずか数枚

下に行くほど 永い眠りにつくお皿たち


抽斗を作るなら 思いやりと それ相応の工夫が必要です

ただの箱として作られただけの抽斗は 主(あるじ)を泣かす

泣かさぬは 作り手側の責任です

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://dosyakuzure.asablo.jp/blog/2012/05/24/6455464/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。